キッチン雑貨の選び方とは?!主に使うもの3選!

包丁の選び方とは?!

キッチンで料理をする時に、必ずと言っていいほど使うものが包丁でしょう。手入れがしやすく使いやすいものが良いです。刃渡りは約18cmから20cmくらいのものを選ぶと良いでしょう。ステンレス製の包丁が一番手入れしやすいといえます。また、肉を着る包丁と野菜を切る包丁を分けて選ぶと料理しやすいでしょう。洋包丁と言われている、先端が細く両刃のものを肉切り包丁に選びます。野菜用の包丁は肉切り包丁よりも幅が広い三徳包丁というものを選ぶと良いです。

ボウルの選び方とは?!

ボウルは料理をする時の下ごしらえの時に必需です。ボウルには小さいものから大きなものまで、サイズが色々あります。まずは、中間サイズである約20センチほどのものを二、三個選びましょう。また、サラダなどを混ぜたりするための、大きめのボウルも1つあると重宝します。15センチ以下の小さめのサイズのボウルも一つか二つあると便利でしょう。形や色を揃えると収納しやすく見栄えも良いです。また、ボウルはプラスチック製のものではなく、ステンレス製のものを選んだ方が、熱で変形したり錆びたりすることがありません。

フライ返しの選び方は?!

フライ返しには、様々な素材で出来ているものがあります。ステンレスのものやアルミのもの、樹脂製のものが主な素材です。フッ素加工がされているフライパンを使用している場合、アルミやステンレスで出来ているものを使用すると、フッ素加工が取れる原因となります。フッ素加工が取れないように、樹脂製のものを選ぶと良いでしょう。また、フライ返しには四角の物とヘラの先端が斜めのものがあります。四角いものはソテーなどをひっくり返しやすく、先端が斜めのものは炒め物などに使用すると使いやすいのです。自分の使いやすい方を選んだり、どちらも準備しておいても良いでしょう。

キッチン雑貨をきれいにみせるためには、色やデザインをそろえるのポイントです。できれば、同じメーカーでそろえると見栄えがよいです。